工業用ガラス事例

阪口文化堂の特殊ガラスは、様々な領域で採用されています。

ノングレアガラス

ノングレアガラスはガラスの表裏両面に細かい凹凸をつけ、反射光を拡散させることで反射を見え難くしたガラスです。
拡散により反射光がある程度平均化される為、局所的な眩しさは軽減されますが、全体的な反射率自体は普通のガラスと変わりません。
また凹凸による拡散効果は反射光だけでなく透過光も拡散させてし まいます。
この為額縁のように対象とほぼ密着させる用途でないとぼやけてしまい対象が見え難くなります。
【用途】液晶テレビ・屋外のLEDメッセージボードのカバーガラス

 

シルクサイトガラス

シルクサイトは、フロートガラスの表面を化学処理をしたエッチングガラスです。
表面を適度に荒らすことで、光の微妙な透過とガラス表面での乱反射による反射の影響を抑えてより汚れ落ちがよい性質から、人の目に優しい機能素材として幅広くご使用戴いています。
【用途】額縁・時計・LEDライトのカバーガラス

アミラン

ドイツ特殊硝子メーカー”SCHOTT A.G”より製造され硝子の両面を薄い透明皮膜で多層コートされた硝子です。通常のガラス反射率8%から1%に減らした為、ディスプレイされた商品がはっきり近くにあるように見えます。ヨーロッパでは60年代の美術館で額入り絵画や展示ケースに使用されて以来、現在も多方面で使用されています。
【用途】メガネ・カメラレンズ・光学系部品

左:普通ガラス  右:反射防止ガラスAMIRAN