工業用ガラス事例

阪口文化堂の特殊ガラスは、様々な領域で採用されています。

 強化ガラス(風冷強化) 印刷付き強化ガラス

強化ガラスは、一般的なフロートガラスに熱処理を加えて、急激に冷却したガラスです。

普通のガラスに比べて、約3倍~5倍の耐風圧強度を持ちます。

見た目は、フロートガラスとまったく同じで、通常目では見分けることが出来ませんが、

天気のよい日に屋外で偏光板を通してガラスの角(4カ所)を見て虹色に見えたら強化ガラスになります。

【強化ガラスのメリット】

・通常のガラスの3~5倍程度の強度

・割れ方が粉々になるので、通常ガラスのように鋭利で怪我の心配が少ない

・熱にも強く、約150℃~200℃程度の耐熱強度がある

      

  通常ガラス(フロートガラス)の割れ方               強化ガラスの割れ方


印刷強化ガラスは、フロートガラスの表面にセラミック塗装をシルクスクリーン印刷し、

加熱焼成したガラスです。

高いデザイン性により視界や光をコントロールし、快適な空間をつくります。

熱処理加工の為、強度が大きく安全性も高いガラスとなります。

【用途】ガスコンロのグリルのドアガラス・唐揚げやフライドポテトなどお惣菜を保温するカウンター式ホットショーケースなど

     

    

 

ケミカル強化ガラス   (化学強化ガラス)

ガラスを約400℃以上の高純度の硝酸カリウムの溶解液に浸水させ、ガラス表面の分子構造をイオン交換させることによりガラス表面に圧縮応力を持たせ強度 を高めたもので、風冷強化では不可能な厚みの薄いガラスや曲げガラスにも加工が可能で、ソリやヒズミが非常に少ないのが特徴です。

風冷強化ガラスでは、強化加工した後の切断や穴あけなどの加工は不可ですが、

ケミカル強化ガラスは切断・穴あけなど可能です。

【用途】

液晶テレビやタッチパネルのカバーガラス,コピー機の天板やサイズの小さいもの,異型,曲げガラスなど

        

ネオセラム

ネオセラムは温度による寸法変化(熱膨張)が石英ガラス級の結晶化ガラスで、透明なN-0と白色 のN-11の2種類があります。

最高使用温度は約700℃、常用使用温度は約600℃に対応する耐熱ガラスです。

薪ストーブやペレットストーブなどの覗き窓によく使用されています。

このネオセラムを精密加工した製品が光ファイバ用のカプラーケースや カバーガラスとして使われています。