工業用ガラス事例

阪口文化堂の特殊ガラスは、様々な領域で採用されています。

三次元曲げ強化ガラス

ガラスを中空の状態に置く金型を作成し、今まで不可能に近かった3次元強化曲げガラスを可能にしました。

【用途】観光船の天窓ガラス・自動車のサンルーフやショーケースなど、強化仕様なので用途が広がりました。

溶融成型ガラス

板ガラスを特殊な金型で溶融し、任意の形状に仕上げていく方法です。
通常のプレス加工品に比べ、泡などの欠点が極端に少ない仕上がりになります。

【用途】LED照明,タッチパネル,携帯用のカバーガラスなど

プレス成型ガラス

溶解炉で溶かした「水あめ状」のガラス生地を巻き取り、胴型〈メス型〉に垂れ落とし、矢型〈オス型〉で機械的にプレス加工をして成型する方法です。

【用途】 ドラム式洗濯乾燥機のドアガラス、非常灯のカバーガラスなど